IJT2020 エミール・ベッカー

2020.01.22

国際宝飾展(IJT)2020で素晴らしい宝飾芸術に遭遇しました。
ドイツのエミール・ベッカーの作品です。
卵が開く!中の花束が揺れる!バロックパールの魚が鳥が(外して着けられる)!
時計の上部の女性像は天然シトリンの彫刻で、時計の前後部は
スライスしたルチルクォーツです。
透明な香水瓶、透明部分はクォーツ、
黒色の香水瓶、黒色部分はブラックカルセドニー。
ガラスは一切使っていない、宝石のみでつくった香水瓶です。



エミールの作品は「普通じゃオモシロくない」セレブリティがオーダー待ち。
70代のエミールが一人でインスピレーションのままにつくってるので
「つくりたいものは200年分あるのに
僕は一人しかいない〜」と呻いているそう。
お茶目ですね。

弟子はとらず「未来に僕の作品を見て一生懸命研究して、同じものがつくれたら、その人が弟子」
とおっしゃってるそう。
本当のマエストロですね。

展示場所は甲府の株式会社古屋さんのブース。
古屋さんはドイツのストーンカメオの輸入販売会社さんで、
ジュエリー研究会ムスブの甲府研磨産地ツアーでもお世話になっています。
ストーン・カメオを名品を展示したミュージアムを甲府につくられていて
ツアーで訪問させていただいた回もありました。
このミュージアムを訪れたエミールは「このコレクションは世界一だよ!」と興奮されたそうです。

関連する投稿

ジュエリー

ジュエリー歴史探偵5 1887年仏開催・ジュエリーオークション

index王冠が放出されたオークション王家に伝わりし冠はみんな不要王冠 Read more...

ジュエリー

ジュエリー歴史探偵26 吉沼又右衛門・十字堂の懐中時計広告

懐中時計割引発売 1895年(明治◎)6月13日の新聞には 同じ面にジ Read more...

ジュエリー

足を延ばして―故宮博物院へ2

台湾も交通網とても発達しています。故宮博物院の最寄り駅はMRT(エムア Read more...