ジュエリー歴史探偵5 1887年仏開催・ジュエリーオークション

2020.04.09

王冠が放出されたオークション

「海外事情」というコーナーで
フランスのジュエリーオークションの記事も掲載されています。
長いので2回に分けて。

王家に伝わりし冠はみんな不要

王冠の売立(うりたて)

仏蘭西(ふらんす)にては共和政府となりし後(のち)國王(こくおう)という者なければ
王家に傳(つたわ)りし冠は悉皆不要(しっかいふよう)となりしが此冠(このかんむり)は何れも高金(こうきん)のものなるに
空(むなし)く仕舞い置くは策の得たるものに非(あら)ずとの議論起(ぎろんおこ)り
終(つい)に昨年十二月十日大統領より発令して残らず賣拂(うりはら)う事になりしにつき
去る五月十三日巴里(ぱりい)のチユイルリイと云(いえ)る宮殿にて競賣(せりうり)とせしが
其日(そのひ)は競賣(せりうり)委員エスクリーブ氏を始めとし評価人鑑定人等数名立合の為現場へ出張し
賣立所(うりたてじょ)は巡査憲兵にて夥しく固めしにも拘らず……
【1887年(明治20)7月6日 読売新聞】

王冠をしまっておくのはもったいない

フランスは共和制になったので国王はいなくなった。
ロイヤルジュエリーで伝わる冠はすっかりいらなくなったが、冠はどれも高額だからしまっておくのももったいない、
何かしたらどうかと議論がおこり、大統領令によって残らず売り払うことになった。
5月13日にパリのチュイルリー宮殿でオークションを開くため委員や鑑定人が立ち会い、警備も厳重にしたが…………
さあ、この後どうなったでしょう。おそらくお察しの通りのことが起きます。

ロイヤルジュエリーは勝手には売っちゃダメ

ロイヤルジュエリーといえばイギリス王室が有名ですね。
エリザベス女王が儀式の折に着けるティアラなど
そうそうたるジュエリーは王室に代々伝わるロイヤルジュエリー、
これは勝手に個人の裁量で売っちゃいけません。国家の財産ですからね。

フランス王室はたいへんなジュエリーコレクションを持っていたと聞きます。
(ご存じ、『ベルサイユの薔薇』!)
そのジュエリーのオークションたるや、壮絶だったことでしょう。
ちなみに、マリーアントワネットが投獄前に最後の時を過ごしたチュイルリー(テュイルリー宮殿)はすでに焼け落ち
この時期は廃墟になっていたそうです。
フランス王室の栄光の地で、フランス王室の財宝が競売にかけられる……歴史は残酷です。
ではまた!

#Enjoy Japanese Jewelry

(画像:「招魂社境内フランス曲馬図 : Cirque Soulie」広重著、明治4年刊行、国立国会図書館所蔵)

関連する投稿

ジュエリー

ジュエリー歴史探偵33 甲府の「虫入りの水晶」

indexその最良たるは甲斐の国にあり我国の水晶は甲斐と美濃に産す草虫 Read more...

ジュエリー

オークションで初落札!ペリドットリング

あるジュエリーデザインコンテストのプレス賞審査員を務めさせていただきま Read more...

ジュエリー

怒涛の香港ジュエリーフェア2

久しぶりの香港で驚いたことがお札です。透かしの部分が透明な素材で、向こ Read more...