Writing / Editing

著作

ジュエリー・装身具、レザークラフトのほか、さまざまな「言葉」を紡いでいます。

「すぐわかる日本の装身具「飾り」と「装い」の文化史」

監修・執筆 露木宏/ 執筆 宮坂敦子
東京美術

櫛や簪、笄から、指輪や帯留、洋風の髪飾り、ネックレス、ブローチ、男性の装身具まで――江戸時代から明治、大正、昭和初期にかけて日本人が慈しんできたさまざまな装身具を、豊富なビジュアルとともに解説しました。日本人独特の美意識と、旺盛な好奇心が装身具から立ち上ります。
詳しくはこちらから

「増補改訂 革のすべてを知って作る  レザークラフトの便利帳」

監修・竹内健 著・宮坂敦子
誠文堂新光社

2012年の初版に続き、今回新たに増補改訂版として「シェルダンカービングのメガネケース」のつくり方と基本的なシェルダンカービングのテクニック、さらに、「レザークラフト作品のスマホ撮影術」を収録しました。全頁カラー、これからレザークラフトを始めたい人、レザークラフト一年生に好適な一冊です。
詳しくはこちらから

「ジュエリーのきほん、楽しみを知る ジュエリーのポケットブック」

宮坂敦子
アッシュ・クリエイティブ

ジュエリーを着けたい、買いたい、知りたい、学びたいという人へ。ジュエリーや人気の天然石、貴金属の基礎知識を分かりやすく解説しています。
Amazon Kindle

「ジュエリーの基本ブック-ジュエリーを知る宝石に強くなる」

宮坂敦子
誠文堂新光社

ジュエリーや宝石の基礎知識、ジュエリーの仕事とその中身、インタビューなどを分かりやすくまとめた一冊。「もしジュエリーを仕事にするなら、どんなことが分かるといいかな?」という自身のギモンから生まれた一冊です。

「革のすべてを知って作るレザークラフトの便利帳」

宮坂敦子 監修・竹内健
誠文堂新光社

初心者向けのレザークラフトガイドブック。いろいろな種類の一枚革を撮り下ろした「革の基本」のほか、道具の基本、基本テクニックも収録。「革って本当に面白い素材だな」とクラフト魂に火が点く一冊です。

「コボロンの小籠包」

絵・いつきたかし 文・Miyanse
アッシュクリエイティブ

「中華料理店 小龍」のじまん料理は小籠包。 いつもお店はお客さんでいっぱい。そう、ママさんがいなくなるまでは……。 すっかり気落ちしたマスターのために ロボット博士のアキラさんは、小さなドラゴン型ロボット「コボロン」をつくりました。 コボロンの使命は、マスターをはげまして、小籠包をふっかつさせること。 つばさパタパタ しっぽフリフリ コボロンがいっしょうけんめい、おてつだいします!
書籍(日本語版)/ 電子書籍(日本語・英語・中国語版)
Amazon Kindle
コボロン公式HP http://www.ashnet.co.jp/coboron/