怒涛の香港ジュエリーフェア1

2018.09.02

6月23日、久しぶりに香港ジュエリーフェアのために香港へ来ました。
湿気と熱気と、未来へのエネルギーが渦巻く香港。
いたるところが大規模開発中。変わりゆく街、発展しゆく街のパワーを感じます。

年四回開かれる香港のジュエリーフェアの中で一番規模が小さいと聞きますが、それにしてもなんてたくさんの来場者でしょう!

クローズの時間になっても客が帰らない、店も閉めない、会場も追い立てない。さすがビジネストレーディングの本拠地です。
Japanのエリアはひときわ賑わっていて、ジャパンメイドの人気を感じます。かわいいトップがついたペンダント、キラキラしたチェーン、幅があり輝きの強いチェーンブレスレットなどとくに引きが強い模様。現場を見てこその発見があり、勉強になります。

さて晩御飯。名物の海老雲呑麺はどこかのお店でぜひ食べたいところ。
チムサーチョイの駅そば路地に連なるお店から、なんとなく地元感のする1軒へ。
使い込んだプラ丼ぶりとプラ蓮華が美味しさを増す不思議。

関連する投稿

日々のこと

諏訪に帰るときは 大船軒「穴子押寿司」750円はコスパよし

我が実家、長野県の諏訪に帰るとき、あずさ車中のお供によく買うシリーズそ Read more...

ジュエリー

国立民俗学博物館・国立科学博物館 共同企画展「ビーズ」

ちょっと前ですが、これはとても良い展示でしたので書き残しておきます。 Read more...

ジュエリー

ジュエリー歴史探偵15 100年前のアムステルダムのダイヤモンド商かく語りき

indexイギリスの新聞に紹介「日本人のダイヤモンド好き」近年日本でダ Read more...