怒涛の香港ジュエリーフェア1

2018.09.02

6月23日、久しぶりに香港ジュエリーフェアのために香港へ来ました。
湿気と熱気と、未来へのエネルギーが渦巻く香港。
いたるところが大規模開発中。変わりゆく街、発展しゆく街のパワーを感じます。

年四回開かれる香港のジュエリーフェアの中で一番規模が小さいと聞きますが、それにしてもなんてたくさんの来場者でしょう!

クローズの時間になっても客が帰らない、店も閉めない、会場も追い立てない。さすがビジネストレーディングの本拠地です。
Japanのエリアはひときわ賑わっていて、ジャパンメイドの人気を感じます。かわいいトップがついたペンダント、キラキラしたチェーン、幅があり輝きの強いチェーンブレスレットなどとくに引きが強い模様。現場を見てこその発見があり、勉強になります。

さて晩御飯。名物の海老雲呑麺はどこかのお店でぜひ食べたいところ。
チムサーチョイの駅そば路地に連なるお店から、なんとなく地元感のする1軒へ。
使い込んだプラ丼ぶりとプラ蓮華が美味しさを増す不思議。

関連する投稿

日々のこと

寒中お見舞い申し上げます

新しいこと続々予定中です。今年どうぞよろしくお願いします。 、

ジュエリー

ジュエリー歴史探偵【ちょっとより道】浮世絵の中の装身具「簪に注目」(3)

index流行が分かる!浮世絵の中の装身具丸い玉だけじゃない!紋入り簪 Read more...

レザークラフト

京都一条寺「SWL(エスダブリュエル)」レザークラフトが紡ぐつながり

6月末、京都-大阪レザークラフト巡りをしました。 『レザークラフトの便 Read more...