ジュエリー歴史探偵18 明治のジュエラー吉沼又右衛門

2020.04.24

ジュエリーの新聞広告をご紹介。
指輪のピカ―ッとした光の表現が上手です。
第一、第二製造工場もあることことから、吉沼又右衛門は
かなり大きく商いをしていたことが伺えます。


【1895年(明治28)読売新聞】(C) The Yomiuri Shinbun

#Enjoy Japanese Jewelry
#STAY HOME

それではまた!

関連する投稿

ゲストルーム

かわいいおみやげ

Air bnbでゲストルームを運営していると、本当にたくさんの国のゲス Read more...

ジュエリー

ジュエリー歴史探偵34 甲府の「虫入りの水晶」(後編)

草虫がムクムクと這い出し出る 甲府の水晶屋さんの草入り水晶の記事、続き Read more...

ジュエリー

ジュエリー歴史探偵30 明治後期に流行った指輪のデザイン(2)

index 宮内省の役人が「ルビーのオーダーメイドリング」 「流行の指 Read more...