ジュエリー歴史探偵11 大西商店のジュエリー広告

2020.04.15

ダイヤモンド諸宝石販売

今回は新聞のジュエリー広告をどうぞ。

【1893年(明治26)1月1日(C)The Yomiuri shinbun】

地金は金のほか銀、プラチナも

時計と並んで指輪のイラストを載せた大西商店の広告です。
指輪の地金はたぶん金。
でも、イラストの下に「金銀プラチナ御細工所」とあり、
さらに「プラチナ地金販売」とも大きくうたっていることから
プラチナ推しでもある様子。
もしかしたら、プラチナのバリエーションもあったかもですね。
小さな宝石の周りをぐるりと彫り留めで留めているのでしょうか。

各種宝石そろえてます

〝ダイヤモンド入 ルビー入
装飾品各種
エムラルド入 サフワヤ入〟

サフワヤとはサファイアのことですね。
このモノクロ広告から宝石を想像してイメージをふくらませたのでしょうねえ。
ではまた!

#Enjoy Japanese Jewelry

関連する投稿

ジュエリー

JJFセミナー現代アート「驚異の超絶技巧!<鍛金>」

少し前の開催ですがぜひ書き残しておきたいので。 8月30日開催のJJF Read more...

ジュエリー

ジュエリー歴史探偵9 谷中で開催、元祖ミネラルフェア

index石好き日本人が詰めかける「観石会」50日に渡る大イベント、オ Read more...

ジュエリー

ジュエリー歴史探偵32 広告に見る、西洋と日本のコンフュージョン!

index和装と洋装入り交じりの時代紳士が求めるおしゃれ用品指環に帯締 Read more...