ジュエリー歴史探偵11 大西商店のジュエリー広告

2020.04.15

ダイヤモンド諸宝石販売

今回は新聞のジュエリー広告をどうぞ。

【1893年(明治26)1月1日(C)The Yomiuri shinbun】

地金は金のほか銀、プラチナも

時計と並んで指輪のイラストを載せた大西商店の広告です。
指輪の地金はたぶん金。
でも、イラストの下に「金銀プラチナ御細工所」とあり、
さらに「プラチナ地金販売」とも大きくうたっていることから
プラチナ推しでもある様子。
もしかしたら、プラチナのバリエーションもあったかもですね。
小さな宝石の周りをぐるりと彫り留めで留めているのでしょうか。

各種宝石そろえてます

〝ダイヤモンド入 ルビー入
装飾品各種
エムラルド入 サフワヤ入〟

サフワヤとはサファイアのことですね。
このモノクロ広告から宝石を想像してイメージをふくらませたのでしょうねえ。
ではまた!

#Enjoy Japanese Jewelry

関連する投稿

ジュエリー

ジュエリー歴史探偵6 山梨県の水晶職人、上海へ

産地から加工地への転換 現在も日本を代表するジュエリー生産地の山梨県。 Read more...

ジュエリー

「自分でできるジュエリーの品質判定」セミナー

出版社の世界文化社がスタートしたカルチャーサロン、セブンアカデミーで開 Read more...

ジュエリー

ジュエリー歴史探偵14 おしゃれにアグレッシブ、明治の紳士

index洋装化は男性がリード其の指に嵌めた金の指輪を賜るお礼に嵌めて Read more...