m.ripple ノートスリーブ

2019.10.24

仕事の必需品といえば、A5サイズのノート。
ノートや手帳系は永らく迷走しましたが、ついに「ノートスリーブ」に落ち着きました。Aサイズのノートと、同じくA5サイズの薄い月別スケジュール帳、さらにフリクションを色違いで3本ほどスリーブに投げ込むのがわたしの仕事道具スタイルです。

これまであるメーカーの合皮のノートスリーブを使っていましたが、ついに!
m.rippleさんにでオーダーしました。
革の色を選んで、中のしきいの革の色を選んで、糸の色を選んで。。その工程の楽しいこと。出来上がるまでの待つ間もまたわくわくが止まらない人です。

デザイナー兼クラフトマンの村上さんは、永らく革卸の会社に勤めて革とレザ―クラフトのデザインの研鑽を積んだ後、2012年にブランドをスタート。
今は東上野でショップ&アトリエを開いています。
お店のたたずまいからして、そのセンスの良さは分かるというもの。
「使っていて糸がほつれたりしたら、なんでもいってくださいね」
と村上さん。
これぞ一生道具、仕事のテンションも上がります。


関連する投稿

レザークラフト

京都一条寺「SWL(エスダブリュエル)」レザークラフトが紡ぐつながり

6月末、京都-大阪レザークラフト巡りをしました。 『レザークラフトの便 Read more...

ジュエリー

足を延ばして―故宮博物院へ2

台湾も交通網とても発達しています。故宮博物院の最寄り駅はMRT(エムア Read more...

日々のこと

台北 士林夜市と小籠包

故宮博物院のある士林駅は台北随一の屋台が開かれるところ。 まず、駅周り Read more...