第10回SUWAアンカットダイヤモンドデザインコンテスト2019 17ct超え、まぶしい蛍光ブルーダイヤモンド

2019.08.23

今回で第10回目となるSUWAアンカットダイヤモンドデザインコンテストの
プレス奨励賞の審査員を務めさせていただきました。
テーマ石のアンカットダイヤモンドは17ct超え親指の先ほどもあろうかというサイズ。
紫外線を当てると強い青色に光ります。

7月19日、山脇ギャラリーで行われた授賞式では、
最優秀賞のデザイン「創世の起源」のもとに見事なジュエリーへと生まれ変わっていました。

https://www.suwagem.com/jp/contest/index.html

鳥が脚と首でダイヤモンドを抱えるネックレスは、
いかにもバランス取りが難しそうで、仕立てる大変さはさぞかしと思わせるもの。
シンポジウムではクラフトマンの松川覚さんが、制作途中に撮影した写真をスクリーンに写しながら
工程を丁寧に解説してくださいました。
石があり、デザインがあり、職人の手技がある。
ジュエリーは大勢の人たちの英知で成り立つものだなと思いを新たにする瞬間です。

関連する投稿

イベント

甲府研磨産地バスツアー開催!(ジュエリー研究会ムスブ)

山梨県主宰、台東デザイナーズビレッジ、ジュエリー研究会ムスブ協力のバス Read more...

ジュエリー

ジュエリー歴史探偵30 明治後期に流行った指輪のデザイン(2)

index宮内省の役人が「ルビーのオーダーメイドリング」赤みの強い金色 Read more...

ジュエリー

ジュエリー歴史探偵5 1887年仏開催・ジュエリーオークション

index王冠が放出されたオークション王家に伝わりし冠はみんな不要王冠 Read more...