レザークラフト「revista(レヴィスタ)」帆布×革、革の鉢カバー、ウォーターバッグ×革——オリジナルが突き抜けてます

2019.08.17

『レザークラフトの便利帳』で小物3作品のメイキングをご指導くださった大阪の「revista」。
関西のレザークラフトファンのフラッグショップ「レザークラフトフェニックス」のスタッフでもある徳本貴文さん。
アトリエはフェニックスの2Fにあります。

revistaの作品は、そのセンスのいいアトリエからも感じられるように
なんともカッコいいヴィンテージテイストにあふれています。
アンティークやヴィンテージが大好きな徳本さんは、そのほうの引き寄せ力も抜群で、
オモシロイものを見つけては、革と組み合わています。
たとえばこちらは「ウォーターバッグ」。
アメリカのレスキュー隊が使っていたのか? 黄色い防水式の布バッグに革ショルダーをつけて
ポシェット風のバッグに。

「こんなのちょっと見たことない」というオリジナルグッズもたくさん。
たとえばこちらの鉢カバー。枯れた感じがグリーンとよく合います。

帆布など異素材と革の組合せも得意。
帆布×革のバッグは「女性にも人気ですよ」とのこと。

「革の表現力ってなんて幅広いんだろう」と、
revistaの作品は感じさせてくれます。

関連する投稿

ジュエリー

ジュエリー歴史探偵26 吉沼又右衛門・十字堂の懐中時計広告

懐中時計割引発売 1895年(明治◎)6月13日の新聞には 同じ面にジ Read more...

ジュエリー

ジュエリー歴史探偵18 明治のジュエラー吉沼又右衛門

ジュエリーの新聞広告をご紹介。 指輪のピカ―ッとした光の表現が上手です Read more...

出版

新宿3丁目 salo cafe(サロカフェ)こんなところに癒しのカフェが!? 

せっかく打ち合わせをするならいい感じのカフェがいいよね、新宿にあるかし Read more...