「自分でできるジュエリーの品質判定」セミナー

2017.11.27

出版社の世界文化社がスタートしたカルチャーサロン、セブンアカデミーで開催の「自分でできるジュエリーの品質判定」に参加しました。月イチで3回コースのこのセミナーの講師は諏訪貿易会長の諏訪恭一さんです。
第一回目は「宝石の見分け方」、第二回目は「ジュエリーの構想と仕立ての善し悪し」。
『価値がわかる宝石図鑑』(ナツメ社)の制作過程において、著者である諏訪先生の薫陶は受けたつもりでおりましたがなんのその。実際にジュエリーを1つにつき2分程度ハンドリングして、自分なりの評価をつける作業は、はじめのうちはアタフタ大慌てのうちに時間が過ぎてしまうというクイズタイムショック状態。
しかしながら、個数を重ねるうちに、だんだんと見るポイントがつかめてくるのが面白く、発見でもありました。

関連する投稿

ジュエリー

国立民俗学博物館・国立科学博物館 共同企画展「ビーズ」

ちょっと前ですが、これはとても良い展示でしたので書き残しておきます。 Read more...

日々のこと

メスはボーダー、オスはシックスパック「上海蟹」

手のひら大のコンパクトサイズながら、お値段はビッグサイズで知られる上海 Read more...

ジュエリー

ジュエリー歴史探偵26 吉沼又右衛門・十字堂の懐中時計広告

懐中時計割引発売 1895年(明治◎)6月13日の新聞には 同じ面にジ Read more...