「自分でできるジュエリーの品質判定」セミナー

2017.11.27

出版社の世界文化社がスタートしたカルチャーサロン、セブンアカデミーで開催の「自分でできるジュエリーの品質判定」に参加しました。月イチで3回コースのこのセミナーの講師は諏訪貿易会長の諏訪恭一さんです。
第一回目は「宝石の見分け方」、第二回目は「ジュエリーの構想と仕立ての善し悪し」。
『価値がわかる宝石図鑑』(ナツメ社)の制作過程において、著者である諏訪先生の薫陶は受けたつもりでおりましたがなんのその。実際にジュエリーを1つにつき2分程度ハンドリングして、自分なりの評価をつける作業は、はじめのうちはアタフタ大慌てのうちに時間が過ぎてしまうというクイズタイムショック状態。
しかしながら、個数を重ねるうちに、だんだんと見るポイントがつかめてくるのが面白く、発見でもありました。

関連する投稿

ジュエリー

ジュエリー歴史探偵11 大西商店のジュエリー広告

indexダイヤモンド諸宝石販売地金は金のほか銀、プラチナも各種宝石そ Read more...

ジュエリー

ジュエリー歴史探偵【ちょっとより道】浮世絵の中の装身具「簪に注目」(3)

index流行が分かる!浮世絵の中の装身具丸い玉だけじゃない!紋入り簪 Read more...

ゲストルーム

ありがとう、ゲストルーム(その1)

ここヨコハマでMiyase設立をした時、やりたかったことのひとつに「ゲ Read more...