ロンドンジュエリー見聞録2023ヴィクトリア&アルバート博物館

2023.12.31

2023年12月初旬、久しぶりにロンドンへ行きました。
旅の大きな目的は、企画のリサーチを兼ねて博物館でジュエリーの逸品を五感で体感すること。

ヴィクトリア&アルバート博物館
ジュエリーの展示部屋は(No93-88)
B.C1500から順を追って代表的なジュエリーが展示されていて非常に見やすく展示されています。

ジュエリーのタイムトンネルを抜けるがごとく
時代の息吹とその時代だからそこのジュエリーが
肌で体感でき、本で見たあの有名なジュエリー
本で見てないけどすごいジュエリーが。

「Bodice ornament(ドレスの前飾り)」や髪飾り、ベルトバックルなどなかなか日本の展示では数が少ないジュエリーも多く非常に勉強になります。

関連する投稿

ゲストルーム

ありがとう、ゲストルーム(その3)

「ここでゲストルームしていいですか」と聞いたら、大家さんも全面的に「応 Read more...

ジュエリー

怒涛の香港ジュエリーフェア3

香港ジュエリーフェア、会場は3フロアあり、天へ伸びる階段のようなエスカ Read more...

ゲストルーム

ありがとう、ゲストルーム(その4)

Airbnbを通じて世界中からゲストが来てくれました。 アメリカ、カナ Read more...