新刊『すぐわかる日本の装身具 「飾り」と「装い」の文化史』

2020.12.17

東京美術の「すぐわかる」シリーズより
『すぐわかる日本の装身具
「飾り」と「装い」の文化史』
監修・執筆 露木宏/ 執筆 宮坂敦子
が刊行されました。

わたし、宮坂のほうでおもに6章、7章の執筆と、
Miyanseで編集を担当させていただきました。

櫛と簪、笄といった江戸時代の伝統的な装身具から
指輪や帯留、ネックレスやブローチ、男性の装身具までを
分かりやすく時代の流れとともに解説した
ハンディな一冊です。
日本人の豊かな装身具文化が俯瞰できます。

東京美術HP

関連する投稿

ジュエリー

ジュエリー歴史探偵10 貴石奇石奇跡続々、観石会(後編)

index元祖ミネラルフェア、大盛況貴石、宝石、化石、鉱石、硯まで縄文 Read more...

ジュエリー

国立科学博物館の鉱物コレクション 山梨県産の水晶コレクション ハート型の日本式双晶も 

国立科学博物館の鉱物コレクションは「櫻井鉱物コレクション」だけではあり Read more...

ジュエリー

ジュエリー歴史探偵19 明治のジュエラー・小川専助

今回も新聞記事のジュエリー広告をどうぞ。 【1896年(明治29)5月 Read more...