新刊『すぐわかる日本の装身具 「飾り」と「装い」の文化史』

2020.12.17

東京美術の「すぐわかる」シリーズより
『すぐわかる日本の装身具
「飾り」と「装い」の文化史』
監修・執筆 露木宏/ 執筆 宮坂敦子
が刊行されました。

わたし、宮坂のほうでおもに6章、7章の執筆と、
Miyanseで編集を担当させていただきました。

櫛と簪、笄といった江戸時代の伝統的な装身具から
指輪や帯留、ネックレスやブローチ、男性の装身具までを
分かりやすく時代の流れとともに解説した
ハンディな一冊です。
日本人の豊かな装身具文化が俯瞰できます。

東京美術HP

関連する投稿

出版

『コボロンの小籠包』刊行

絵本の原作に初挑戦です。『コボロンの小籠包』(アッシュ・クリエイティブ Read more...

ジュエリー

アクセサリーミュージアム

ウェブメディア『ヒカリモノガタリ』の取材にて、目黒のアクセサリーミュー Read more...