ジュエリー歴史探偵34 甲府の「虫入りの水晶」(後編)

2020.05.14

草虫がムクムクと這い出し出る

甲府の水晶屋さんの草入り水晶の記事、続きです。

夫(か)の岳守産水晶に裸虫(はだかむし)含めるとをかき損じたるなりけり 
扨(さて)又惜しきことしてけりと其虫(そのむし)を手に取り見るに
忽(たちま)ちムクムクと這い出づるは愈々(いよいよ)不思議なりと
何(いづ)れも舌を巻ける事ありしが是(これ)より岳守産の含蟲珠(がんちゅうだま)に價値を持ち
(其虫の皆活けりと云うより)斯(かか)る稀ものなれば遥(はるか)に御岳山のものにも増す事ありとなん(後略)
【1892年(明治25)6月11日 読売新聞】

中の虫はみんな生きてる!

◆「岳守産の水晶を磨き損なったのはなんとも惜しかったが、
中から出て来た虫を手に取ってみるとムクムクと這い出した。なんと不思議な!
それから「岳守産の含蟲珠(がんちゅうだま)」は大評判、中の虫がみんな生きているという。
稀なサイズになれば御岳山の水晶よりも値打ちが付くこともある」
といったところでしょうか。

なかなかなトンデモニュースですが、
岳守(=竹森)が草入り水晶の名産地だったのはホントウです。
地元では「ススキ入りの水晶」ともいうそうですヨ。
ではまた!

Enjoy Japanese Jewelry
(画像:山梨県・昇仙峡)

 

(画像:山梨県・昇仙峡)

関連する投稿

ジュエリー

ジュエリー歴史探偵21 ティファニーパリ支店長、スポルヂング氏の来日(2)

index美術品輸出へのアドバイス新設のシカゴ博物館をもって美術品貿易 Read more...

ジュエリー

ジュエリー歴史探偵27 売れる!ジュエリー広告(明治版)

玉の皎潔(こうけつ) 1896年(明治29)8月5日の新聞より。 一面 Read more...

ジュエリー

「自分でできるジュエリーの品質判定」セミナー

出版社の世界文化社がスタートしたカルチャーサロン、セブンアカデミーで開 Read more...