ジュエリー歴史探偵27 売れる!ジュエリー広告(明治版)

2020.05.07

玉の皎潔(こうけつ)

1896年(明治29)8月5日の新聞より。
一面内に2社のジュエラーが出稿しています。
コチラは小さなスペースにぎっしりと
「今まで輸入されてきたダイヤモンドはほとんど粗悪だったが
世界第一のダイヤモンド産出地アフリカ喜望岬の鉱山会社と特約して直接輸入の道を切り開いた。
宴席で紳士や令嬢を雲の上の高みに登らせるのは高品質な装飾品だ。
当店では高品質な素材を素晴らしいデザインで熟練の職人が仕立てた逸品を売ってます」
といった商品コピーの限りを尽くしています。
ちなみに「皎潔(こうけつ)」とは白く清らかで汚れがないことをいいます。

(C) The Yomiuri Shimbun

保険付時計類

こちらは商品コピーはほぼナシ。武士が懐中時計を背負っていたイラストがと店名だけの潔い広告です。

(C) The Yomiuri Shimbun

関連する投稿

ジュエリー

「第29回国際宝飾展」(IJT)開催

東京ビックサイトで1月24日~27日、「第29回国際宝飾展」(IJT) Read more...

ジュエリー

怒涛の香港ジュエリーフェア2

久しぶりの香港で驚いたことがお札です。透かしの部分が透明な素材で、向こ Read more...

ジュエリー

ジュエリー歴史探偵25 オーストリアの王子が欲しがった水晶玉(後編)

index甲州中巨摩郡に伝わる水晶玉18センチあまりの大玉大玉は値段が Read more...