革のマーブル染め ワークショップ

2019.10.25

ふだん取材でお世話になっている「協進エル」さんで「マーブル染め」のワークショップに参加しました。
初心者でもカンタン、という触れ込み。ほんとか??と半信半疑でしたが、簡単でしあt。

まず、バットにCMCを大量に流し込んだうえに好みの色の染料を垂らします。
染料をそーっと混ぜるように竹ぐしで模様を描いたら、その上に革の銀面をそーっと載せます。
これで銀面に模様が写しとられるので、そーっと水道まで行ってCMCを流して、あとは乾燥させるだけ。
染めた革は口金をつけたり、穴を開けて縫ったり。それぞれの好みの作品に仕上げます。

どの色を使うか? 組合せは? 模様はどう描く? 迷いどころがいっぱいですが、それも楽しみの一つ。
ヌメ革でも染められますが、白革のほうが模様がハッキリと出て綺麗に仕上がるようです。
これは眼鏡ケースとポーチをつくろうと思います。

関連する投稿

ジュエリー

ジュエリー歴史探偵27 売れる!ジュエリー広告(明治版)

玉の皎潔(こうけつ) 1896年(明治29)8月5日の新聞より。 一面 Read more...

ジュエリー

ジュエリー歴史探偵30 明治後期に流行った指輪のデザイン(2)

index宮内省の役人が「ルビーのオーダーメイドリング」赤みの強い金色 Read more...

ジュエリー

「ヒカリモノガタリ」連載3ヵ月に

地金・真珠・ジュエリーのWEBメディア『ヒカリモノガタリ』での連載も3 Read more...