京都一条寺・恵文社は本屋さんの桃源郷

2019.08.13

田島さん夫妻に「すぐ近くに大人気の本屋さんがあるから、ぜひ寄ってください。
休みの日なんて外まで行列ですよ!」
と熱いリコメンドを受け、それはぜひ見なくてはと訪れた「恵文社」。
ここがまた桃源郷のような場所でした。

広々とした店内は、あたたく、そして清々しい風が流れるかのよう。
デッドストックだったと思われる古い本と、新らしい本が等しくセレクトされ
とても見やすく並んでいます。
ぐるりと店内を回る道程はまるで宝探しのような気分。「これ、面白がってくれるかな?」という
お店サイドのわくわく感、茶目っ気、責任感が伝わってきて
本当に豊かな気持ちになる本屋さんでした。

迷った末に選んだのはコチラ。カバーの本は『ラピスラズリ』(山尾悠子・ちくま文庫)。
ここはジュエリーつながりで。

Processed with VSCO with au1 preset

関連する投稿

ジュエリー

ジュエリー歴史探偵【ちょっとより道】浮世絵の中の装身具「簪に注目」(3)

index流行が分かる!浮世絵の中の装身具丸い玉だけじゃない!紋入り簪 Read more...

ジュエリー

ジュエリー歴史探偵12 天賞堂の広告

index新形宝石製御簪及び襟飾り貴婦人の正装の洋服飾り時代の徒花的ジ Read more...

レザークラフト

m.ripple ノートスリーブ

仕事の必需品といえば、A5サイズのノート。 ノートや手帳系は永らく迷走 Read more...