京都一条寺・恵文社は本屋さんの桃源郷

2019.08.13

田島さん夫妻に「すぐ近くに大人気の本屋さんがあるから、ぜひ寄ってください。
休みの日なんて外まで行列ですよ!」
と熱いリコメンドを受け、それはぜひ見なくてはと訪れた「恵文社」。
ここがまた桃源郷のような場所でした。

広々とした店内は、あたたく、そして清々しい風が流れるかのよう。
デッドストックだったと思われる古い本と、新らしい本が等しくセレクトされ
とても見やすく並んでいます。
ぐるりと店内を回る道程はまるで宝探しのような気分。「これ、面白がってくれるかな?」という
お店サイドのわくわく感、茶目っ気、責任感が伝わってきて
本当に豊かな気持ちになる本屋さんでした。

迷った末に選んだのはコチラ。カバーの本は『ラピスラズリ』(山尾悠子・ちくま文庫)。
ここはジュエリーつながりで。

Processed with VSCO with au1 preset

関連する投稿

ジュエリー

怒涛の香港ジュエリーフェア1

6月23日、久しぶりに香港ジュエリーフェアのために香港へ来ました。 湿 Read more...

日々のこと

神保町「さぼうる2」のナポリタン やっぱりコレを選んでしまう!

神保町の老舗喫茶店「さぼうる2」の前を通るとどうしても「寄らないわけに Read more...

ジュエリー

足を延ばして―故宮博物院5

儀式の装身具も数多く展示されています。モンゴル、ウイグル、チベット地区 Read more...