ありがとう、ゲストルーム(その2)

2018.08.25

そんな日々を超えられたのはまさしくSonのおかげ。外人てすごいなと思わせてくれる超絶妙な距離感。プライベートには立ち入り過ぎないし、それでいて時には密な会話も弾んで。ともに離婚組なので互いの前夫の話で盛り上がったりして。誕生日にはSonのボーイフレンドと一緒にサプライズケーキを用意してくれたり、授業がもう全然わからない本当に分からないとゴネるとそっとコーヒーを淹れてくれたり。

サプライズバースデーケーキ。異国の地でこんな嬉しいことに出会おうとは!

卒業試験の朝は「これはラッキーキャンドル。火を灯すわね。これがあるからきっと大丈夫」と言って送り出してくれました。

やっと手にした修了書。しかしわたし疲れてますな。

無事に卒業して、帰国して、縁あってこのヨコハマの物件に出会った時、間取りを見て「あー、Sonの家みたいなゲストルームができたらいいな、世界の人に日本て楽しいなと思ってもらえたらいいな」と自然に浮かんできたのでした。

関連する投稿

ジュエリー

ジュエリー歴史探偵27 売れる!ジュエリー広告(明治版)

玉の皎潔(こうけつ) 1896年(明治29)8月5日の新聞より。 一面 Read more...

ジュエリー

ジュエリー歴史探偵12 天賞堂の広告

index新形宝石製御簪及び襟飾り貴婦人の正装の洋服飾り時代の徒花的ジ Read more...

ジュエリー

足を延ばして―故宮博物院へ2

台湾も交通網とても発達しています。故宮博物院の最寄り駅はMRT(エムア Read more...