ありがとう、ゲストルーム(その2)

2018.08.25

そんな日々を超えられたのはまさしくSonのおかげ。外人てすごいなと思わせてくれる超絶妙な距離感。プライベートには立ち入り過ぎないし、それでいて時には密な会話も弾んで。ともに離婚組なので互いの前夫の話で盛り上がったりして。誕生日にはSonのボーイフレンドと一緒にサプライズケーキを用意してくれたり、授業がもう全然わからない本当に分からないとゴネるとそっとコーヒーを淹れてくれたり。

サプライズバースデーケーキ。異国の地でこんな嬉しいことに出会おうとは!

卒業試験の朝は「これはラッキーキャンドル。火を灯すわね。これがあるからきっと大丈夫」と言って送り出してくれました。

やっと手にした修了書。しかしわたし疲れてますな。

無事に卒業して、帰国して、縁あってこのヨコハマの物件に出会った時、間取りを見て「あー、Sonの家みたいなゲストルームができたらいいな、世界の人に日本て楽しいなと思ってもらえたらいいな」と自然に浮かんできたのでした。

関連する投稿

日々のこと

ひらパー「ファステストパス」「枚方の丘美術館」

駅構内「ひらかたパーク」のポスターのインパクトがハンパありません。 フ Read more...

ジュエリー

ジュエリー歴史探偵20 ティファニー、明治の日本にあらわる(1)

indexティファニーミーツ日本の美術商人天皇陛下へ献納品を持参巴里支 Read more...

ジュエリー

rooms39

9月12日、五反田TOCで開催のクリエイティブの祭典「rooms」 3 Read more...