ありがとう、ゲストルーム(その1)

2018.08.24

ここヨコハマでMiyase設立をした時、やりたかったことのひとつに「ゲストルーム」がありました。きっかけは2015年、ベルギーのHRD Antwerpのダイヤモンドグレーダ―コースへ通った3週間、ステイしていたのがベルギー人のSonが運営するゲストルームだったのです。
ここは今の日本でいうところの「家主同居型民泊」。シングルのゲストルームが4つくらい、ダブルのゲストルームが1つ。バス、トイレは共用で、ダイニングルームでは毎朝Sonが薄いパンケーキを焼いてくれました。時にはオムレツも。これがめちゃくちゃ美味しくて、これから始まる長い1日の授業に向かうダウナーな気持ちを盛り上げてくれたのでした。

荘厳なアントワープ駅

街中はいたるところに兵士の姿がありました。

ダイヤモンド漬けの日々。

クラスメートのアジアチームにも感謝感謝。

「アツコ、どこが分からない?」といつも聞いてくれた
彼女たちのおかげで卒業できました。

Son の夢のようにかわいくて快適なゲストルーム

時はクリスマス。サンタクロースとチムニーが!

関連する投稿

ジュエリー

ジュエリー歴史探偵26 吉沼又右衛門・十字堂の懐中時計広告

懐中時計割引発売 1895年(明治◎)6月13日の新聞には 同じ面にジ Read more...

日々のこと

ハルピンラーメン!

諏訪に帰ると時々行くのがハルピンラーメン。 「寝かせダレ」がベースのス Read more...

ジュエリー

ジュエリー歴史探偵18 明治のジュエラー吉沼又右衛門

ジュエリーの新聞広告をご紹介。 指輪のピカ―ッとした光の表現が上手です Read more...