ジュエリー歴史探偵31 指輪の好みの県民性

2020.05.11

明治の新聞に載っていた! 指輪の好みの県民性

1901年(明治24)の新聞記事の小さなカコミで
指輪の好みの県民性について書かれています。
ケンミンショーもびっくり?

九州人は宝石入りでなくてはならぬ

北國人の指環と九州人の指環

北國人(きたぐにじん)の氣風(きふう)と九州人の氣風とは大いに異なって居(い)るが
翻って物の好みも亦著しく異なる癖がある、北國人と九州人とが東京見物に出て来た時、
市内の貴金属装飾販売店で物を買う時の好みを聞くに、九州人は指環(ゆびわ)でも
寶石入りのものでなくてはならぬような風が見つ、北國の人は總べて寶石入りの品を好まない方だということ
【1901年(明治24)12月2日 読売新聞】

宝石好きの九州人、金好きの東北人

そうとうざっくりしたリサーチです(笑)
「九州の人と東北の人では気風がぜんぜん違うし、好みもまったく違う。
東京見物に来た九州人と東北人がジュエリ―店で買い物をするときの好みを聞いてみたら、
九州人は宝石入りのものが好きという人が多く、
東北人は宝石入りは好まない人が多い」
といったところでしょうか。

東京見物に来たついでにジュエリーを買う。こんなハイカラな人たちがそこそこいたという
日本の西洋文明化の速さ、日本人の前のめり感が伺えます。
われわれ令和の日本人もコロナに負けてられません!

画像は1897年(明治30)の天賞堂の指輪広告。
東京・京橋のほか大阪、広島、長崎、名古屋、北海道、熊本と全国に出張所があることが分かります。

 


(C)The Yomiuri Shinbun

関連する投稿

ジュエリー

ジュエリー歴史探偵【ちょっとより道】浮世絵の中の装身具「櫛に注目」(1)

流行が分かる!浮世絵の中の装身具 浮世絵は当時のファッションセンスが分 Read more...

ジュエリー

足を延ばして―故宮博物院へ4

見上げると、威風堂々たる白い門とその先に博物院の建物が見えます。門に掛 Read more...

ジュエリー

怒涛の香港ジュエリーフェア1

6月23日、久しぶりに香港ジュエリーフェアのために香港へ来ました。 湿 Read more...