ジュエリー歴史探偵19 明治のジュエラー・小川専助

2020.04.25

今回も新聞記事のジュエリー広告をどうぞ。

【1896年(明治29)5月17日 読売新聞】(C)The Yomiuri Shinbun

小川専助、ここは髪飾りメインですね。
櫛、笄、簪、根掛け……江戸時代に流行していた結髪用の髪飾りが
明治29年もなお健在というのが
よく分かります。
洋装を和装が拮抗する、現代以上にカオスなファッションシーンです。

関連する投稿

ジュエリー

ジュエリー歴史探偵【ちょっとより道】浮世絵の中の装身具「櫛に注目」(2)

流行が分かる!浮世絵の中の装身具 浮世絵を装身具目線でチェケラウ!の2 Read more...

ジュエリー

ジュエリー歴史探偵7 仏王室・王冠競売ニュース(後編)

indexフランス王室の栄華を物語る、巨額の落札価格すごい価格ながらお Read more...

ジュエリー

足を延ばして―故宮博物院5

儀式の装身具も数多く展示されています。モンゴル、ウイグル、チベット地区 Read more...